拙著「秩父事件再発見 民主主義の源流を歩く」
(新日本出版社)発売中ですが、
「しんぶん赤旗」に連載中の
「ツルシのぶらり探訪」の取材で、コウ画伯と一緒に
長野県南佐久郡小海町に行ってきました。

秩父事件の舞台となったのは、
群馬県、埼玉県、長野県。
長野県南佐久郡は1884年11月9日早朝、
秩父困民党軍と軍隊・警官隊との
最後のたたかいがあったところです。

写真は「秩父暴徒戦死者之墓」のそばに立つ、
史跡説明板「秩父事件戦死者の墓」。
事件の50周年の1933年に建立された同墓には、
「暴徒」という言葉を使用せざるを得なかったのです。
時代が濃い「戦時色」に覆われ始めていたからです。
1980年に建てられた説明板には
「秩父暴徒」ではなく「秩父事件」と記されています。
事件の顕彰には1世紀の時間を要したわけです。

ツルシカズヒコの最新刊(2018年7月)
『秩父事件再発見 民主主義の源流を歩く』

秩父事件再発見―民主主義の源流を歩く

新品価格
¥1,728から
(2018/7/20 00:40時点)

ワタナベ・コウの最新刊(2017年12月)
『ワタナベ・コウの日本共産党発見!!』

ワタナベ・コウの日本共産党発見!!

新品価格
¥1,620から
(2018/7/20 00:45時点)

【あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝】連載中。

ワタナベ・コウ漫画『動揺』(原作・伊藤野枝)、
販売中です。

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 21:04時点)

★Twitter
ツルシカズヒコ ワタナベ・コウ
クレヤン編集部

★Facebook
ツルシカズヒコ ワタナベ・コウ
クレヤン編集部
節電女子 裁縫女子宣言!

★クレヤン放送局
http://bit.ly/f5S1Qz

★Profile
ツルシカズヒコ ワタナベ・コウ